ここは、「なるほど!」がたっぷりの会社。

技術部 松尾 里砂
2018年入社(中途)

柔和な空気と穏やかさのある会社

私は技術部でボーリング調査のほかに、地すべり観測、砂防施設点検、災害が起きてしまったときは警報器の設置や災害申請、各種機関との協議まで部の枠組みを超えて幅広く仕事を担当しています。以前も土木関連の企業に勤めていましたが、自分の技術向上のため、視野を広くするために“幅広い仕事”を取り扱う日本綜合建設へ転職しました。

地質調査、地すべり、井戸など知らない事ばかりで狭い知識しかない私のスキルが役に立てるのか?と不安でしたが、先輩方に、小さい事から大きな事まで、どんなことでも気兼ねなく相談出来る会社の雰囲気が心に余裕を与えてくれました。バックアップ体制が充実し、些細な事も丁寧に教えてくれる環境。柔和な空気と穏やかさ。それが会社の魅力です。時にぶつかることもありますが、お互いを認めて受け入れることができるところも好きですね。とにかく人がいい。皆さん優しいです。入社前は平均年齢が高そうだったので、知識・経験が豊富な方々が多く、職人肌の人ばかりかもしれないと思っていました。実際入社すると、シニア層の活躍に脱帽です。とってもアグレッシブ!

「なるほど」と思える心地良さ

いまの仕事に就いて気付いたことがあります。それは答えは1つとは限らないということです。色々な視点をもって捉えることで、幾つもの手段や答えが見えてくるということは結構あるんだなと思っています。

そして自分だけの目線で見るのではなく、経験豊かな先輩や専門的なスキルを備えた同僚とのコミュニケーションを重ねていくことで、新たな道筋が見えてくる。人とのかかわり合いを大切にすると、仕事の幅が広がってくるんだなって。人と人との接点、ご縁を大切にすることは、仕事でのアドバイスがその枠にとどまらず、人生における悩み事の解決につながったりもします。なるほど!と思えることがあるんですよね。その「なるほど」な感覚が持つ心地良さが職場には溢れ返っています。学び、気付きの連続は、私を成長させてくれています。

まずやってみようという気持ちを忘れない

ミスや失敗を責めるのではなく、どう対処するかを最優先に考えてくれる上司や、広い視野を持ってあらゆる可能性を引き出してくれる先輩がいるいまの環境が、この仕事をやっていてよかったなと思える瞬間です。私も同僚や後輩に対してそういう存在でありたいと思っています。

そのためにも、歳を重ねても若々しい感性や丈夫な身体を持ち続けたいです。新しいことに興味をもって、まずやってみようという気持ちを持ったままでいたいです。珍しいと感じるほど業界の横のつながりが深いので、競い合うのではなく支え合いながらこれからの時代を業界全体で乗り越えていければと思います。いがみ合いや、不用な競争心のない仲間と一緒に、目的をもって、最終的に目指す成果までの道順を描きながら働き続けたいですね。